空間工作所

作品

浮遊の民家

計画地は戸建住宅と中層ビルに囲まれた、典型的な都市郊外の市街地に位置している。
この住宅は内装材はすべて自然素材とし、スギ材・珪藻土・柿渋・和紙で構成され、梁などの横架材は現しとバルコニーは採光・通風を考慮して窓先に設けず、櫓をイメージした物干し小屋として独立させた。
1階の開口部は高さ2,400mmとし、充分な光と風を確保している。設計者の自邸として計画され、家族構成は夫婦のみである為、部屋数は必要とせず、極力大きな連続した空間で構成されている。
1階は居間・食堂・台所と障子で仕切られる予備室で、基本的には連続したワンルームである。
2階は10畳の寝室と浴室・洗面脱衣・トイレを配し、大きな吹抜けが二方に設けられている。空間の仕切りは障子で構成しその連続性を強調している。夫婦だけの住まいである事から、洗面脱衣・トイレなどの最小限のプライバシーを確保し、他の大部分は半透明の障子で仕切られている。言うなればプライバシーの無い、連続した空間の住宅と言える。している。外装材はメンテナンスに配慮し、特殊性を排除した流通品のサイディングとアクリル樹脂の塗り壁である。

簡易避難タワー

屋敷林などを活用した簡易避難タワー設置構想(ノアの箱舟計画)

津波発生時に、津波到達時間が短く、堅牢な避難ビル・タワー並びに高台へ避難が出来ない地域住民に対して、津波想定高さ以上の高さの有る集落近くの樹木や屋敷林などを活用した、低価格で住人の参加により(自治会、町内会など)、手作りも可能な小規模で簡易な避難タワー設置の企画を自治体に提案中。

詳しくは下記から下記データをダウンロード

会社概要

社名

株式会社 空間工作所 一級建築士事務所

代表者取締役

小須田 廣利

資本金

10,000,000円

設立

平成元年6月7日 株式会社 空間工作所

所在地、連絡先

〒207-0021 東京都東大和市立野1-949-13 
TEL:042-562-5425
FAX:042-562-5424
E-mail:kukan@apricot.ocn.ne.jp

登録

一級建築士事務所登録 (東京都知事 第30973号)

業務内容

  1. 1:建築設計、工事監理及び建築計画の業務
  2. 2:建築部品の開発研究及び販売業務
  3. 3:地域社会に関する環境計画、設計業務
  4. 4:前各号に付帯関連する一切の業務

受賞

中高層ハウジングシステムの提案 <入選>(建設省住宅局主催)
新世代木造住宅供給システムの提案<入選>(建設省住宅局主催)

スタッフ

■小須田 廣利

東洋大学工学部建築学科卒業
一級建築士 第113542号
住宅性能評価員
枠組壁工法耐火建築物設計・工事監理者登録
東京地方裁判所民事調停委員
東京地方裁判所鑑定委員

■小松田 弘一

法政大学工学部建築学科卒業

空間工作所Facebook